読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランザクション

トランザクションについて、説明するのだ☆

1. トランザクションとは

トランザクションの概念は、
複数の更新処理を連続して実行し、1つの関連性のある集まりとして管理する必要があるものの処理単位」のことなのだ!!!

むむむ...........

難しいのだ( ;´Д`)

例えがほしいのだ( ;´Д`)

2. トランザクションを銀行に例える

Aさんが、Bさんの口座に1000円振り込んだとするのだ。そうすると、

 Aさんの口座      Bさんの口座  

  -1000円        +1000円  

ということになるのだ。
この時、もしBさんに振り込まれていなかったり、1000円以上振り込まれていたら大変なことであるのだな。銀行の信用問題なのだ!

そこで、このトランザクションが役に立つのだ☆
AさんとBさんの取引が成立したときにはじめて、口座が動くようにするのだゾ。このように処理は複数の処理(AさんとBさんの取引)をまとめて扱っている機能をトランザクションというのだ。

3. トランザクションを使う目的

トランザクション「データの整合性を保つ」のが目的なのだ。
上記の銀行の例で、一部の処理が正しく実行されなかったときに、すべての更新処理をキャンセルする(ロールバック)ので作業全体を取り消すことができるのだ。成功したときにはじめて結果がデータベースに反映するのだのだ(コミット)。
トランザクションの利用が必要となるのは、複数の更新処理を連続して行う際に、すべての処理が成功したときにのみデータベースへの変更を有効としなければならないような場合。